2009年02月04日

オバマ大統領の動きは素早い

国民の「責任」に言及し、「Yes We Can」・「Change has come」を封印した。

「国民が良い大統領をつくり、良い大統領が国をつくる」を地でいく演説でした。

この大統領なら経済危機を脱し、イスラム諸国とも良好な関係を築かれると国民は熱狂し、就任演説には2百万人が参加した。

きっと、自分の義務と責任を痛感し、新しい時代に自分が参画する意志を強めたに違いない。



でも、我が国民は選挙権を奪われ参加することさえ叶えられない…

ええかげん、なんとかせ〜よ(-_-メ)
posted by dreams at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。