2010年02月05日

横綱審議委員会に物言い

朝青龍が引退した。
もちろん自分自身が原因だけど、横審の発言もおかしい。
全員一致で引退勧告だそうだ。

そもそも横審の推薦でなった横綱朝青龍。
品格と力量を横綱に相応しいと判断したのは横審のメンバーだ。

横綱の品格とは何であるか教えるのも、推薦人である横審の役目ではないのだろうか?

その横審が横綱に相応しくないと後からわかったのなら、自分の見る目のなさを反省し全員辞表を出すのが当たり前では無かろうか?

私だったら恥ずかしくて引退勧告を出す前に、自分自身の辞表を出すだろう。
厚顔無恥の集団が横審ならば、品格にかける横綱が出てくるのも当たり前。
小さい体ながらスピードで補い、朝青龍の相撲は大いに楽しめた。

バカな横審が残り、愛すべきヒール(プロレス用語だけど…)朝青龍がいない大相撲なんて見る気がしないね(T_T)

相撲界は朝青龍だけを責めるのではなく、まず自分自身の責を問うべきだろうね。

あ〜ぁ、恥ずかしぃ(∋_∈)
posted by dreams at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする